静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


生理痛に対する鍼灸治療

月経前症候群とは

月経の発来する3~10日前くらいから、腰痛、腹痛、乳房痛、食欲不振、頭痛、心悸亢進、精神不穏、うつ症状、浮腫などの症状を訴え、月経開始とともにこれらの症状が消失するものをいいます。月経困難症にくらべて頻度は少ないです。

月経困難症とは

月経開始に伴い出現する下腹部の痛み、腹痛などをの骨盤を中心とした耐え難い疼痛を主体とするのものであり、就労をはじめとする社会的生活を営むことが不可能なほど重症なものをいいます。月経終了後にはこれらの症状は消失または軽減します。

就労困難であるものは、女性のうち30%とされていて、なんらかの症状を訴えるものは60~80%であるといわれています。月経困難症は器質的疾患が認められない機能性月経困難症と子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺腫などの器質的疾患から続発する器質性月経困難症とに分類されます。

機能性月経困難症の病態には内分泌系とプロスタグランジンが主に関係し、これに子宮筋過収縮さらに心因が加わるとされています。

器質的月経困難症は各症状を治療することが必要となります。機能性月経困難症は鍼灸治療の適応となります。


生理痛に対する鍼灸治療

生理痛に対する鍼灸治療は東洋医学的アプローチとなります。


月経前症候群の東洋医学的分類

月経前におこる憂鬱感、怒りっぽい、胸脇部の張った痛みなどの症状が中心となるもの(肝気鬱結)

肝気鬱結が続くことで、頭痛、のぼせ、顔面紅潮、イライラするなどの症状が中心に起こるもの(肝鬱化火)

食欲不振、嘔気、浮腫などの症状が中心に起こるもの(肝胃不和、肝脾不和)などがあります。


生理痛(月経困難症)の東洋医学的分類

東洋医学では月経時に起こる強い月経痛を「痛経」、「経行腹痛」といいます。

生理痛の原因には次のようなものが考えられます。


肝鬱気滞
精神的ストレスで情動が乱れることにより、肝気が鬱滞する気滞が生じ、そのために血の停滞が起こり、女子包(子宮)を阻滞して痛みがおこります。

月経前あるいは月経時に下腹部が強く張って痛みます

月経量が一定しない、経血が紅色あるいは紫色、血の塊が混ざる、イライラ、怒りっぽい、胸苦しいといった症状も伴います。

経穴
合谷(ごうこく)
太衝(たいしょう)
三陰交(さんいんこう)
百会(ひゃくえ)

などのツボを中心に鍼灸治療を行います。


血瘀
肝鬱気滞が長期化するなどの何らかの原因で血瘀が生じると、血瘀が女子包(子宮)を阻滞するために起こります。

月経時に下腹部が強く刺し込むように痛みます

下腹部から腰部にかけての痛み、経血は暗紫色で血の塊が混じります。血の塊が排出されるといたみが軽減または消失します。

経穴
関元(かんげん)
血海(けっかい)
次髎(じりょう)
三陰交(さんいんこう)

などのツボを中心に鍼灸治療を行います。


寒湿
月経中は身体が虚していて、患者を受けやすい状態にあります。元来、腎陽虚のある人や月経中に冷たい食べ物や雨に濡れたりすると、寒湿の邪が下半身に停滞しやすくなります。その結果女子包(子宮)に寒湿の邪がおよび、気血の運行が阻害され痛みを生じます。

月経前あるいは月経中に下腹部が冷えて痛みます。

温めると症状が軽減、冷やすと悪化します。月経周期の延長、月経量が少ない、経血色は暗紅で血の塊が混じります。

寒がり、四肢の冷え、泥状便、帯下が増えるなどの症状もみられます。

経穴
中極(ちゅうきょく)
水道(水道)
地機(ちき)
命門(めいもん)
次髎(じりょう)
三陰交(さんいんこう)

などのツボを中心に鍼灸治療を行います。


気血両虚
もともと気血が不足している人や過労・大病後などの気血両虚の状態にある人は月経の出血よりさらに気血が消耗するため、女子包(子宮)も気血不足となり、痛みを生じます。

月経後期から月経終了後に下腹部の鈍痛を生じます。

月経量は少なく、経血は色が薄くなります。顔色が白い、無力感、息切れ、などの状態も見られます。

経穴
命門(めいもん)
関元(かんげん)
腎兪(じんゆ)
足三里(あしさんり)

三陰交(さんいんこう)
気海(きかい)

などのツボを中心に鍼灸治療を行います。


衝任虚寒
腎陽虚のために陽気不足がおこり虚寒が生じたため、衝任の気血の運行が無力になって痛みを生じます。

月経時あるいは月経終了後に下腹部が冷えて痛みます。

温めると症状が軽減し、冷やすと増悪します。月経周期の延長、月経量は少ない、月経色は薄くなります。

腰や背中がだるく痛み、四肢の冷えといった症状も見られます。

経穴
関元(かんげん)
命門(めいもん)
太谿(たいけい)
三陰交(さんいんこう)

などのツボを中心に鍼灸治療を行います。


生理痛は人によってはとても重く、仕事や日常生活をするうえで非常に妨げとなります。我慢をせずにお気軽にご相談ください。

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ