静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


肩のスポーツ障害について

野球肩

野球肩は、投球動作に伴う痛みを主な症状とするスポーツ障害であり、一か所の障害ではなく、いろいろな病態を含む疾患です。テニスのサーブやバレーボールのアタックなどでも、同様の障害をきたします。上肢を拳上して行うスポーツには、慢性の使い過ぎ症候群としてよくみられるものです。野球肩のかなりのものがこの状態に含まれます。

肩峰下関節あるいは肩の、第二関節といわれる機能関節は、肩峰前下面と烏口肩峰靭帯で作られるアーチの下に大結節、棘上筋・肩甲下筋の腱板、二頭筋腱、小結節、肩峰下滑液包などが肩を拳上する際に入り込んで関節の働きをしているというものです。
野球型の原因はこれらに直達外力が加わったり異常な使い方をした場合、あるいは正常な使い方でも、肩を挙げた状態で繰り返し起こる肩の内旋・外旋のストレスが生理的限界を越えると炎症肥厚が生じます。そうすることで肩関節のスムーズなうごきが損なわれ、骨や靭帯のスペースがより狭くなるとインピンジメント(挟み込み)をおこすようになり、疼痛が生じます。

野球肩の症状は肩関節を上げていくと90度付近での一定の範囲に運動痛があります。これをペインフルアークサインといいます。特に内旋(手のひらを下に向けた状態)で肩関節を上げていくと圧痛が著明となります。肩関節の大結節、烏口肩峰靭帯に圧痛がみられます。進行すると夜間痛が生じ、関節可動域の制限、筋力の低下も引き起こします。

野球肩の治療は基本は手術することはありません。肩関節を挙げた状態での訓練の禁止、安静をとります。その間に筋力を維持強化するように努めます。通常の筋力強化は痛くてできないことが多いので、痛みが起こらないような遠心性収縮を利用した筋力トレーニングがおすすめです。
フォームの改良などを含めたすべての療法を用いても、改善しない場合には手術療法を適用します。


上腕二頭筋腱の障害
上腕二頭筋腱は肘関節と肩関節の二つの関節をまたぐ二関節筋で肘関節の屈曲の他に、肩関節の安定を保つように働いています。上腕二頭筋は長頭と短頭に分岐しおり、上腕二頭筋長頭は結節間溝という上腕骨の骨の溝の中を通過し、肩甲骨に付着しています。そのことにより上腕骨頭を肩甲骨に安定させるように働いています。長頭腱炎は投球動作の加速期に肩峰・烏口肩峰靭帯の下で、衝突、内旋していく際にさらに摩擦することで、炎症が起き、障害されていきます。

症状は、肩関節の外転・外旋時に出現する痛みが主で、肩関節の全面に痛みが集中します。

治療方法は安静と上腕骨二頭筋のストレッチ、消炎剤の投与を行います。またフォームテクニックなどの欠陥のチェックをコーチなどに相談します。ステロイドの局所注射は劇的に痛みを緩和させることもありますが、継続して行うと腱をボロボロにするため繰り返し行うべきではありません。


野球肩、肩の後方の痛み

腱板は肩甲骨関節窩と上腕骨骨頭の相互位置関係を最適にするように働いています。腱板の中で後方にある棘上筋腱と小円筋県はフォロースルーの時、今までの外旋位での緊張から突然、巨大な力で引っ張られる所になるので、肩から骨頭が抜けないように緊張が続きます。使い過ぎ症候群となっていく場合には、腫れ、炎症、変性、断裂が生じ圧痛、運動痛を
示します。三角筋の後枝、三角筋にも同じ作用があり障害を生じます。
また三角筋の長頭と大円筋・上腕骨・肩甲骨で作られる狭い間隙には腋下神経・上腕回旋動静脈が回り込んでいますので、肩の後方にかかるストレスにより、神経血管障害をおこし圧痛を生じることもあります。

治療法は安静とストレッチング、消炎剤の投与を行います。またフォーム・テクニックなどのチェック、外旋筋の強化をつづけます。この外旋筋を野球ではよく肩のインナーマッスルといいます。


水泳肩

水泳は肩関節痛を訴える選手が多く、そのメカニズムが水泳に特有なため、水泳肩と呼ばれています。近年の泳法は、下半身よりも上半身とりわけ上肢帯の運動を推進力の主体としていることが 大きな背景となっています。棘上筋・棘下筋
・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉の腱の終末部が合わさって形成される肩腱板の最上部を占める棘上筋腱には、付着部付近に血行不全部位が存在し、同様に上腕二頭筋腱の内部も同様に血行に乏しいところということが知られています。
泳ぐことによる肩関節の屈曲・外転・内旋の動作の反復にともなって、棘上筋腱と上腕二頭筋長頭腱の血行不全部位が機械的刺激を受けることで腱の炎症・肥厚をきたし、強靭な烏口肩峰靭帯の外側や肩峰の前縁に挟み込みが生じ疼痛が発生します。
クロールやバタフライ泳法などの水上でのリカバリー動作の後半からプル動作の初期がこのような病態を引き起こしやすい動作を含んでいます。

水泳肩の症状ははじめは肩関節の不快感として自覚され、次第に進行してトレーニング中やトレーニング後の痛みとして感じるようになります。痛みの部位は肩関節の前方や前外側が典型的な例で、肩関節全体が痛いという訴える例もあります。

水泳肩の治療はとにかく安静・休養するのが一番です。特に小学生の水泳選手では症状がなくなるまで完全休養をするのが良いでしょう。この年齢では安静のみで完治する例がおおいです。
中学生以上の場合には、必ずしも完全休養の必要性はなく痛みを感じる泳法のみを禁止して、他の泳法で水泳トレーニングを行わせたり、キックの練習を主体とします。クロールやバタフライなどの練習を行う場合も、長距離練習から短距離練習に切り替え、1日の全体練習量が減少するように努めます。また、プル板を多用したトレーニングは負担が増大するため控えるようにします。
筋力トレーニングが不足していると、水泳肩を引き起こしやすくなりますが、むやみに筋力トレーニングを行うとかえって悪化させることがおおいです。肩の柔軟性が欠如すると水泳肩の発生率が高まるとされています。したがって、ストレッチを実施することで、肩甲骨周囲の柔軟性を高めるも水泳肩の予防になります。

水泳肩の治療は痛みが軽い場合には練習後に氷嚢で疼痛部位を15分ほど冷却します。痛みが強い場合には原則として年齢を問わず完全休養します。冷却・温熱療法を交互に行うと奏効するすることもあります。マッサージ・ストレッチ・アイスマッサージを組み合わせて行うとよいでしょう。

休養・アイシング・ストレッチなどを行っても痛みが持続し、その選手が手術後も水泳を継続したいという意欲がある場合には、手術を適応とみなされることがあります。挟み込みを軽減するために、烏口肩峰靭帯切除が推奨されていますが、必ずしも好成績を得るとは限りません。

水泳肩の予防法としては、発生要因をできるかぎり軽減できるように、トレーニング内容を工夫することにつきます。しかし、水泳の現場では、いかに競技成績を高めるかが最大目標になっているために、シーズン中は予防対策としてのトレーニング計画のへんこうが容易に受け入れられない場合も少なくありません。また、差し迫った競技会がある場合には医学的には安静が必要でも、トレーニングや競技への参加を認めざるを得ないときがあります。したがって、シーズンオフから水泳肩の予防の観点の意味で筋力トレーニングやストレッチングが十分に行われる体制を作っておくことが必要です。


肩のスポーツ障害は練習を続けながら治すのは、かなり困難です。ときには休養する勇気を持ちましょう。

鍼灸治療を併用することで治癒の促進が期待できますので、気になる方は是非ご相談ください。



とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ