静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


近視、遠視、乱視について

近視

近視とは遠くのものを見ようとした際に像がぼやけて見える状態のことをいいます。目から入った光が眼球の角膜や水晶体によって屈折し網膜のところで像が結ばれますが、眼球の大きさが大きいために眼軸が長くなり、網膜の前で像が結ぶ像体を軸性近視といいます。一方角膜や水晶体の屈折力が強いために網膜の前で像が結ぶ状態を屈折性近視といいます。

近視は遺伝的な素因によりますが、学習・読書などちかいところを見る仕事を過度に行うことが原因とする考えも有ります。


近視の種類

単純近視(良性近視)
単純近視は近視の大部分を占め、近視の度が比較的軽くレンズで正常視力まで矯正できます。在学中に発生進行することが多いことから、学校近視とも言われています。

病的近視
病的近視(悪性近視)
悪性近視は近視の度が強く、レンズで正常視力まで矯正できない状態をいいます。幼児から発症・進行します。眼底に萎縮などの変化がみられ、合併症として網膜剥離を伴いやすいです。

近視の症状

近視の症状は自覚的には、遠方が見えにくい。検査では眼底に豹紋定眼底・コーヌスという近視性変化がみられます。悪性近視ではその他に網膜の萎縮が加わります。

近視の治療

近視そのものの治療方法はありません。凹レンズのメガネかコンタクトレンズを使用し、視力を矯正します。凹レンズの過矯正を防ぐために最良な視力を得られる最弱度の度数のレンズを使用します。

細かい作業をする人や、パソコン、本などを見過ぎる人は作業時間を減らす、正しい姿勢による作業にするなどの工夫が必要となります。また遠くのものを見たりする望遠訓練も行うとよいでしょう。

遠視

遠視とは近視とは逆に目から入った光線が網膜の遠くで像が結ぶ状態をいいます。軸性遠視は眼軸が短くなります。屈曲性遠視は角膜・水晶体の屈折力が弱い場合におこります。遺伝的な素因によりますが、乳幼児の大部分が部分遠視で、乳幼児の屈折異常としては遠視が多くなります。

遠視の症状

年齢が若く軽度の遠視の場合は、自覚症状はありません。軽度でも年齢が進むにしたがって、ある程度以上の遠視になると近くのものを見た際に、物がぼやけるといった症状があらわれます。

その他遠視の症状としては、遠視は近くのものを見るときは常に調節しないとはっきり見えないため、眼精疲労が起こります。

また、遠視のどが強くなると調節してもよく見えなくなります。小児では視力の発達が障害され、弱視になります。また調節に伴うより目も起こるために内斜視を伴いやすくなります。中年で調節力が弱くなると視力障害が起こります。

遠視の治療

遠視では凸レンズのメガネ、コンタクトレンズを装着させます。調節性内斜視を伴う場合でも凸レンズで矯正し、それでも治らない場合は斜視手術をします。

乱視

乱視は眼球角膜がぼこぼこしていたり、ゆがんでいて、正しい球面をしていないために、目に入った光が一点に結ばないじょうたいをいいます。一部には水晶体が原因で起こる乱視もあります。

乱視には正乱視と不正乱視があります。正乱視とは眼球の縦の軸と横の軸の長さが違うために像が縦または横に長くなる状態をいいます。

乱視の症状

らんしの症状は若いうちは自覚症状はありません。軽度でも年齢が進むにつれてある程度以上の乱視になると症状が現れます。視力障害や眼精疲労、片目でも両目で見ても一つのものが2つに見えることがあります。

乱視の治療

正乱視では円柱レンズのメガネをつけさせます。不正乱視では、角膜の表面が凹凸になっているので、凹凸を補正するためのコンタクトレンズを装着します。

近視、遠視、乱視の鍼灸治療

眼の疾患に対しては基本的には眼周辺の血流を改善するということが目的となります。目周囲の経穴を用いることで、目の血流が改善するために近視、遠視、乱視に伴う眼精疲労を改善させる効果がありす。

また東洋医学的なアプローチとしては目に関連が深い「肝」に関連した経穴を用いて、全身治療を行います。

目周囲の使用する経穴
太陽(たいよう)
晴明(せいめい)
攅竹(さんちく)
承泣(しょうきゅう)
瞳子髎(どうしりょう)


頚部の経穴
天柱(てんちゅう)
風池(ふうち)


背中の経穴
肝兪(かんゆ)
身柱(しんちゅう)


上肢の経穴
合谷(ごうこく)
曲池(きょくち)


下肢の経穴
光明(こうめい)
足三里(あしさんり)
太衝(たいしょう)



近視、遠視、乱視などの治療は基本的には眼科で行いますが、鍼灸治療を併用することで不快な眼精疲労を改善したり、物が見やすくなる等の報告もありますので、度のあったメガネ、コンタクトを用いているし、点眼薬ももらっているのに目がごろごろしたり、物が見えにくいなどの症状のある方は気軽にご相談ください。

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ