静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


しゃっくりについて

しゃっくりは横隔膜が痙攣することによっておこる現象です。

しゃっくりは基本的には無害で、時間経過とともに自然に消滅しますが、食道や胃の疾患、腹腔内の炎症、心臓疾患、肝臓疾患、脳疾患などによっても見られることがあり、しゃっくりが治りにくい場合は注意が必要です。

とくに原因疾患のないしゃっくりの場合でも、頻度が多かったり、長期にわたる場合は食事や睡眠の妨害、疲労などをきたし生活の質(QOL)を著しく低下させる恐れがあります。


 

しゃっくりを東洋医学的にとらえると

しゃっくりを東洋医学的にとらえると「気逆」という状態です。とりわけ胃との関連が強く「胃気上逆」の状態になるとしゃっくりになるといわれています。

胃気上逆ではしゃっくりの他にげっぷ、悪心や嘔吐といった症状も見られます。

胃気上逆は主に過食などの飲食の不摂生やストレスなどによって精神情緒が不安定になることによって起こります。



しゃっくりを抑える方法

しゃっくりを抑える方法としては唾を飲み込むなどの嚥下運動や冷たい水を飲む、息をこらえる、びっくりするなどといったことで抑制されます。



しゃっくりのツボ

しゃっくりには石関、幽門、気海、百会などのツボを用います。基本的には鍼治療が適しています。

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ