静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


オスグッド・シュラッター病について

成長期に発生する膝の痛み


オスグッド・シュラッター病は中学生などの成長期に発生する膝の痛みで、膝蓋骨の3センチくらい下のところが痛みます。

オスグッド・シュラッター病は脛骨粗面にある骨端軟骨に異常が起こります。


オスグッド・シュラッター病を引き起こすメカニズム

オスグッド・シュラッター病は成長期の膝に起こります。

脛骨粗面の骨端軟骨に膝蓋靭帯が付着していますが、膝を曲げ伸ばしする際に大腿四頭筋の力によって膝蓋靭帯の付着部が引っ張られます。

成長期はまだ軟骨が柔らかいために繰り返し引っ張られると炎症を引き起こします。

骨の成長が終わるころには自然に痛みが治まりますが、変形を起こした脛骨粗面の形は元には戻りません。

オスグッド・シュラッター病はサッカーやバレーボール、バスケットなど膝を曲げ伸ばしをする競技の選手におこりやすい疾患です。


オスグッド・シュラッター病と診断されたら

オスグッド・シュラッター病と診断されたら大切なことは無理をしないということです。

練習や運動をしたいのは山々ですが、脛骨粗面に炎症が起こって痛みが強く出ている場合、運動によって悪化させてしまうことがあります。

大事な試合がある場合などを除き、練習や試合は休むようにしましょう。

また練習を休んでいるときに太ももの前のストレッチを行うようにしましょう。太ももの前の筋肉を伸ばすことによって脛骨粗面にかかるストレスを減らすことができます。


オスグッド・シュラッター病の鍼灸治療


オスグッド・シュラッター病に対する鍼灸治療は非常に効果が出やすいです。

痛みのもっとも出ている部位に刺鍼したり、太ももの筋肉を鍼灸で緩めたり、円皮鍼を貼ったりすることで症状の改善がかなりみられます。


ほっておいても痛みは自然に治りますが、早く治したいという方は鍼灸治療を積極的に取り入れていくのがよいでしょう。




とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ