静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


心の病気の原因

心が健康である状態

心は目に見えて数字で表すことができないため、どこまでが健康でどこからが病気か境界線を引くことは非常に難しいです。一般的に心の健康とは心身ともに正常に機能している状態で、脳の状態。体の状態・自我意識や思考、感情、意欲などがしっかりとしている状態といえると思います。心の病気というはこれらの状態が悪化し、本人が辛くて生活できず医療ないしなんらかの助けが必要であることを指します。


心の病気はなぜ起こるのか

心の病気はなぜ起こるのか。その原因は現在はっきりとは分かっていません。ただ一般にはその原因としては心理的・環境的な要因によって起こる「心因」、身体的な病気が原因となる「身体因(外因)」、体質的な素因で起こるとされる「内因」の3つが関与していると考えられています。

これらの複数の要因がかかわっていて、どれか一つだけというわけではないようです。例えば同じ環境にいて同じようなストレスを受けていても、発症する人と発症しない人がいることからも分かってもらえると思います。


心因性の心の病気

心因性の心の病気はストレスや不安、葛藤などの心理的、環境的な要因から発症する精神疾患などを指します。

元々私たちの体には、ストレスから身を守る仕組みが備わっています。例えば、生命の危険を感じるような大きなストレスに直面した場合は交感神経の働きが活発になり、心拍数や血圧を高めて、危険に対処しようとします。

しかし、ストレスがあまりにも大きくなるとこのような防御反応が過度に働いたり、うまく機能しなかったりして体や心に支障をきたすことがあります。このうち体に症状があらわれたものを心身症といいます。一方、心に支障をきたしたものを心因性精神障害といいます。ストレスによって生じた不安や葛藤などをうまく処理できないために発症すると考えられ、ストレスが大きいほど発症しやすくなります。

同じような出来事が起こっても、心理的精神障害を発症する人としない人がいます。これは、ストレスの受け止め方は人それぞれで、ある出来事によって強い不安を感じる人もいれば、それほど苦にならない人もいるからです。つまり心因性精神障害の発症にはストレスの多きさとともに、それを受け止める人の性格や人生経験、価値観などが深くかかわっています。

ストレスをうまく処理できず溜め込みやすい、不安になりやすい、人生経験が浅くストレスに対する対処術が未熟など心理・環境刺激を受けやすい性格傾向は心の病気になる要因となります。

また、戦争や災害、犯罪被害などの危機的な状況就職、結婚、配偶者の死などのライフイベントなどに加えて日常生活での人間関係や、経済的不安などが心への大きな刺激となり、心の病気の要因となります。


外因性の心の病気

脳の病気や外傷など、外部からの原因によって精神疾患が発症することもあります。これを外因性精神障害といいます。

その代表的なものが、脳の器質的な変化による器質性精神障害です。例えば、交通事故で脳に損素養を受けた場合に記憶喪失が起こったり、事故の前とは性格が変わったりするものを指します。脳の損傷の他、脳腫瘍、脳血管障害、アルツハイマー病なども起こります。

そのほか、身体疾患などから二次的に脳機能が障害される症状性精神障害やアルコールや麻薬からの影響に陽る物質関連障害も外因性精神障害に含まれます。


内因性の心の病気

内因性精神障害とは、体質や遺伝など、生物学的な要因があると推定されているけれども、まだはっきりと解明されていないものをいいます。

アルツハイマーなどの外因性のようにはっきりとした脳の器質的変化は認められないが、脳の微細な病変などがもとになっている可能性があると考えられています。またその人がもともと持っている遺伝的な要素、体質から発症すると推定されています。しかし、遺伝的要素といっても、いわゆる遺伝病とは異なり、単純に親からこへと受け継がれるものではなく、高血圧や糖尿病などと同様発症しやすい体質は受け継ぎますが、すべての人に発症するわけではなく生育環境や心理的ストレスなどの内因性以外の要因が関与していると考えれています。

内因性精神障害では、例えば人から狙われていると感じたり盗聴されていると感じるなど周囲の状況と関係のない、正常な心理からは理解できないような症状が現れるのが特徴です。内因性とは、こうした症状がその内部からひとりでに起こってくるという意味も含まれまています。

代表的なものが統合失調症と双極性障害となります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ