静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


風邪に効くツボ

風邪とは?

風邪とはウイルスが口や鼻から侵入し、感染することで喉や鼻の粘膜に炎症が起こるものの総称をいいます。

くしゃみ、鼻水、咳、たん、喉の痛み、発熱などの症状が起こります。


風邪薬で風邪が治っているわけではありません

風邪の感染は9割がウイルスによるものといわれています。ライノウイルスやエンテロウイルスなどが代表的なウイルスとなりますが、これらが、喉や鼻などの粘膜に付着し増殖しようとします。

すると、体の中では異物が入り込んでいると感知するので、発熱や炎症反応が起こります。くっしゃみや鼻水や、咳、たんや発熱などの諸症状はこれらのウイルスを排除し、体を守ろうとする自然治癒力からおこる正常な防御反応です。

でも、私たちは風邪の症状を治そうとして風邪薬を飲むと思います。

すると、熱がさがったり、喉の痛みが緩和したり、咳が治まったりすることがあると思います。風邪薬にはこれらの症状を緩和させるための成分が入っています。なので風邪薬を飲むことで、症状が緩和するのです。

ですが、症状を抑えただけでウイルスはまだ体の中にいるわけですから、風邪が治ったわけではありません。いまだに風邪のウイルスを直接効果のある薬というのは開発されていません。風邪をひくと処方される抗生物質も実は風邪ウイルスには効果がないのです。

実は風邪薬を飲んだから治ったのではなく、私たちが持っている自然治癒力の働きが、風邪ウイルスに勝ったことによって風邪がなおっているのです。


風邪を治すにはどうすればいいのか?

では、風邪を治すにはどうすればいいのか?答えは簡単です。温かくして、安静にしておくことです。温かくして安静にすることで、自然治癒力が高まり、ウイルスに打ち勝つことができます。食欲がないときは無理に食事をすることもありません。発熱がある場合は水分の消費が激しいので、水分補給を十分にするようにしてください。

喉の痛みやせきなどははちみつがかなり効果が高いようなのでお勧めです。

39度を超えるような高熱でなければ、無理に熱を下げる必要もないように思います。

高熱が全然下がらない場合はインフルエンザの可能性がありますので、病院へ受診しましょう。


風邪に効くツボとは

東洋医学では風邪のことを外感病といいます。悪寒とともに発熱のあるものを悪寒発熱といいます。悪寒が強い場合は外感病の初期であることが多いです。外感発熱は、外邪(風寒の邪、風熱の邪)が侵入した際に正気と争うことにより引き起こされます。

外邪と正気ともに強い場合は悪寒と発熱ともに盛んでですが、治りが早いです。外邪が盛んで誠意が弱い場合は悪寒が重く発熱は軽くなりますが、なりは悪くなります。逆に、風邪が弱く正気が強い場合は悪寒発熱は起こりません。

外邪を外に追い出すために人の体にはツボの反応が現れることがあります。

それは主に首筋から背中にかけてのツボです。昔の人は風の引き初めに、首から背中にかけてのツボにお灸をしていました。具体的には大椎風門というツボです。風門は左右であるので、大椎と風門を結んだ三角形にお灸をするので「三角の灸」ともよばれています。

この場所にせんねん灸をするのでもいいですし、お灸がない場合はカイロなどで温めるのもよいでしょう。

s_sankakukyu.jpeg

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ