静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


血の働き

血とは

東洋医学でいう血も西洋医学でいう血とほぼ同じものと考えられると思います。血は脈管中の液体であり、食べ物を消化して得られる水穀の精微から作られています。血は心が主り、肝に蔵され、脾によって統括されています。

血は人体の各臓腑・組織・器官を栄養しており、人体にとって不可欠な栄養物質です。

血はどのように作られるのか

血液は、脾胃によって作られます。飲食物が脾胃の働きによって消化・吸収され運化されることで水穀の精微へと変化します。その中の精気と津液が脈管中にしみこみ変化して血液になります。

血の作用

血は全身を巡り、体内では五臓六腑から、外は皮肉や筋骨に至るまで、全身の組織・器官に栄養分を供給し、潤す働きを持っています。

この血の働きが顕著にみられるのは目の機能と四肢の運動機能です。血によって目が滋養されれば物をしっかりとみることができますし、手足が滋養されればしっかりと動かすことができます。血の滋養を得ることで筋骨はたくましくなり、関節はスムーズに動かすことができます。

血が不足し十分に栄養が供給されなくなると目は乾いて動かしにくくなり目のかすみ視力の減退、関節の動きが悪くなったり四肢のしびれや、手足がつったり、皮膚の乾燥や痒みなどの症状が起こります。

また、血は精神意識活動の基礎物質であることから、気血が充足していれば、意識は明晰で精神活動も充実してきますが、不足すると精神の病変が現れます。

そのため、血の不足による不眠や多夢などのほか神志不安による症状があらわれやすくなります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ