静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


津液の働き

津液とは


津液とは体内における正常な水液の総称です。唾液・涙・はなみず・汗・尿などが津液に含まれます。

津液の生成

津液は食べ物を消化して得られる水穀の精微から化成したもののひとつです。飲食物が胃に入ったあと、脾によって消化吸収されて一部が津液となります。

津液は三焦を通路として、脾の運化作用の働きによって肺に行き肺の宣発・粛降作用によって皮膚や関節などを潤したり・余分な水分を汗や尿として排出したりします。

津液の作用

津液には組織を潤したり・滋養する働き、また体を冷やす働きがあります。

体表に散布された津液である汗は皮膚や皮膚を潤し、体内にある津液は臓腑を潤し栄養しています。また口や鼻や目にある津液は口や鼻・目の粘膜を潤しています。関節に入る津液は関節の動きを滑らかにしています。さらに骨髄に入る津液は骨髄と脳を滋潤しています。


臓腑における津液の生成から排出まではさまざまな臓腑の働きによって行われていますが、その中でも特に関わりが深いのが肺・脾・腎となります。

これらの臓腑に病変が生じると水分の代謝がうまくいかなくなります。津液の生成が不足したり、多くなったります。

うまく全身に津液が一部に停滞すると痰飲水腫が出現します。津液が不足すると口が乾いたり皮膚の乾燥が起こります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ