静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


六腑の病

胆の病

胆は胆汁の貯蔵と排泄を行い脾胃の消化と運化機能を助けています。こうした胆の生理機能は肝により制御・調整されています。また胆は決断を主っています。

胆の機能が失調すると、胆汁の分泌・貯蔵・排泄に障害が起こりやすくなります。また決断力が低下したりします。

胆のはたらきが悪くなる胆虚では決断力が低下し、不機嫌や、驚きやすい、不安感、多夢などの症状が起こりやすくなります。

胆に熱がこもり、うまく外に排出されず上逆すると口が苦く感じる、わき腹の痛みなどを感じるようになります。



胃の病

胃には「受納を主る」、「水穀を腐熟する」機能があります。また消化の初期段階にある水穀物を小腸に運ぶ機能があります。

このため胃の生理機能は「和降」の言葉で表されています。胃の機能が失調すると、主としてこの受納と腐熟の異能の障害がおこります。

胃は食べたものが体内に初めて送られてくる場所となるので、とりわけ飲食物の影響を受けやすくなります。またストレスなどを大きく受けやすいい臓腑の1つでもあります。


胃気虚損
胃の機能が低下した病理的な状態です。

長期にわたる飲食の不摂生や慢性病による胃の気の損耗などの原因によっておこります。先天的ないの虚弱が原因となる場合もあります。

胃気虚弱となると、飲食物を受納する機能や水穀を腐熟するきのうが低下することで、食欲の不振や味を感じにくくなる、胃の膨満感などが起こります。

ストレスなどで胃の気が正常に下に下がらなくなると胃気上逆となり、悪心・嘔吐・げっぷ・しゃっくりなどがおこるようになります。



胃寒内生
冷たいものを過食したり、寒涼剤を過剰に服用して胃腸を損傷することで起こります
。また普段から陽虚の体質である場合寒が内生して胃寒となるものもあります。

胃寒の場合は腐熟をする働きが著しく減退するため消化が悪くなります。また胃寒の気の流れが悪くなると気滞が発生し、さらに寒の為に血の流れが凝滞すると血瘀を生じることもあります。

血瘀を生じた場合胃に刺し込むような痛みが発生することもありますが、温めると痛みは緩和します。



胃火上炎
胃日上炎とは、胃の熱が盛んになりそのために胃熱が経にそって上がっていく状態になります。

暑い気候などで温熱の邪が胃に影響して起こるもの、そして普段から辛いもの・脂っこいもの・味の濃いもの・多量の飲酒などの習慣によっていに熱がこもっておこるものがあります。その他にストレスが原因で起こる肝鬱化火の影響を受ける場合もあります。

胃熱が亢進すると胸やけや食べてもお腹がすくといった症状や口の渇き、便秘、口内炎、歯肉炎などの症状が起こります。


胃陰不足
胃陰不足とは胃の津液が不足し、そのために胃が栄養と潤いを失って生じる病理的な変化です。

熱が出るような症状が続いた場合、あるいは気持ちが塞がって気が憂鬱な状態が続いて火化した場合、大病や慢性病がなかなか改善しない場合に摂食習慣の影響などによっておこります。

胃陰が不足すると食欲不振や空腹感があるが食欲がないなどの症状があらわれます。

げっぷやしゃっくりなどの症状が起こることもあります。


小腸の病

小腸には「水穀の受盛と消化」、「清濁の分別」という生理機能があります。また余剰の糟粕と水分を大腸や膀胱に送る働きがあります。

簡単にいうと胃に入ってある程度消化された食べものから必要なものと不要なものに分ける働きがあります。

小腸の病には寒のものと熱のものがあります。


小腸虚寒
小腸虚寒とは、小腸の消化機能の減退、清濁の分別機能の減退という形で現れます。寒邪の侵入により中焦の気が損傷され起こります。

食後のお腹の張り、腹痛、未消化物を含む下痢などの症状が起こります。


小腸実熱
小腸実熱とは、湿熱が小腸や手太陽経にこもったり、心経の熱が小腸に影響しておこることが多いです。

排尿時の熱痛などの症状が起こります。



大腸の病

大腸には糟粕を伝化する生理機能があります。大腸の病は便通の異常として起こります。大腸の熱や津液の不足や陽気が不足することで推動作用が低下することで便秘が起こります。

飲食の不摂生や寒湿や湿熱が大腸に入ると泥状便や下痢などの症状が起こります。


膀胱の病

膀胱には尿を貯蔵し排出する機能があります。したがって膀胱の病では排尿の異常が特徴として現れます。

例えば腎の長期が不足して膀胱の気化作用が悪くなると、小便の出が悪くなったりします。

胃気不固の為に胃の気化機能が失調すると尿失禁や残尿感などが現れます。

湿熱が膀胱に影響すると頻尿・尿痛や尿の混濁・残尿などが現れます。

長期にわたる熱によって津液が損傷されると砂石を形成するため結石となります。


三焦の病

三焦は気と津液の昇降出入りの通路として働いています。三焦の主な生理機能は気化作用です。

気化作用は全身の気化機能において重要な役割を担っていて臓腑組織間の機能を強調させる働きがあります。

三焦の気化作用が失調すると、肺、脾、胃、膀胱、大腸、腎など多くの臓腑に影響します。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ