静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


がんの痛みを鍼灸で和らげる

がん患者さんに対する緩和医療



がんの患者様の6から7割の人が痛みを訴えているとされています。

強い痛みは生きる気力さえ失わせることがあり、生活の質を著しく下げることににつながります。

そのほかに呼吸困難や、吐き気、倦怠感なども強く出ます。

精神面では、がんの進行や死への恐れや不安があります。


がん患者さんと家族の苦しみを和らげ、より充実した生活を送れるようにする医療が緩和医療です。

痛みなどの不快な症状を和らげ、精神的なケアも行います。

以前は末期がんの患者さんに対して行われることが多くありましたが、現在ではがん患者さんの生活の質が下がらないように、また、より積極的に治療に取り組めるように治療の初期の段階から始めるようになっています。

鍼灸治療を併用することで生活の質は上がります

がんを鍼灸治療で治すことは今のところ難しいとされています。

しかし、がんによって生じる痛み、便秘、倦怠感やむくみ、冷え、長時間ベッドで寝ていることによって生じる筋肉や関節などの痛み、放射線治療や抗がん剤の副作用であるはきけなどに対しては多くの場合症状が緩和されます。

お灸の温かさや、芳香によるリラックス効果など心理的な効果もあります。

副作用がほとんどなく、治療薬や西洋医学の治療と併用でき、病気の初期から末期にわたり行うことができます。

鍼灸治療を行うことで脳内のモルヒネ様物質が分泌されることで、鎮痛薬が利きにくいといわれる神経の障害にも効果があるとされています。

実際、がんセンター中央病院では1985年から緩和医療に鍼灸治療を取り入れています。


日本人の約半数は一生のうちに一度はがんになるという統計が出ています。治療法は様々ありますが、緩和医療の一つとして鍼灸治療が認知され、多くの方に取り入れてもらえるといいと思います。


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ