静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


脳梗塞・脳卒中の後遺症に鍼灸治療は効くのか?

平成20年時点での脳血管障害による死亡患者の数は12万人ともいわれています。

患者数はその10倍ともいわれています。

脳梗塞や脳内出血の発症後に後遺症が残ってしますことがあります。

日常生活や歩行・会話・飲食などが以前のようにできなくなってしまう人も多くおられます。


鍼灸治療をすることで脳梗塞・脳卒中の後遺症が改善します



脳血管障害後遺症に対して医学的リハビリテーションを行うのはもちろんですが、鍼灸治療を併用することでより早い回復が見込まれます。

脳血管障害では手足の麻痺がおこることが多くありますが、手足の麻痺部分に直接鍼を刺すことで、筋緊張の緩和と組織へ流れる血流が増加することでリハビリを行いやすくなります。

東京都大田区の牧田総合病院では1989年から脳血管障害後のリハビリテーションに鍼治療を併用して行っています。

その結果は麻痺による症状が改善された例は脳梗塞で78%、脳内出血で71%あったということです。

手の上げ下げに関しては35%、足の動きは90%が改善したというデータもあります。


脳血管障害に対する鍼灸治療は発症からできるだけ早いほうが良いですが、ある程度期間が立ってしまったとしても、日常生活動作の改善が見込めます。

また、脳血管障害の再発の予防効果も期待されることから、鍼灸治療を日常的に取り入れていくことをお勧めします。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ