静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


心身をリラックスさせる調心

調心は、心(意識)を整えることです


気功では脳の興奮や緊張を鎮め、心の中の雑念を取り払い、無念夢想の境地(入静)になることを目指します。

こうした入静上体になるためのメインとなる技術が調心となります。


入静の状態になると、雑念が一切消失するとともに、ストレスや悩み、不安などから心が解放されるといわれています。

それに伴って、自律神経の乱れや滞った気・血の流れが改善され心身ともに健康を取り戻すことができるのです。


ただし初心者がいきなり入静に至るのは難しいです。

そのために、調身⇒調息⇒調心という流れで行うほか、調心の鍛錬を続けていくことで、徐々にリラックスできるようにしていきます。

すると最終的には、自然と入静できるようになっていきます。



調心の技術としては、通常の状態から入静状態へと橋渡しをする目的の一念代万念という方法があります。

普通いきなり、目をつぶって意識を集中しようとしても、心の中に雑念が浮かんできます。

一念代万念は、ひとつのことに集中することで雑念を取り払う方法です。

ネガティブな思考や感情で揺れ動く心を落ち着かせ、心静かな世界へ導くことで、心身をリラックスさせる効果があります。

その結果、無念無想の境地である「万念皆無」といわれる生命力に満ちた世界へ誘われるとされています。


調心の方法


一念代万念の方法はいくつかありますが、私たちによくなじみのある方法としては、「座禅」です。

座禅をすることで、雑念を取り払い精神をリラックスさせることで、心身のパフォーマンスが上がります。そのため、近年ではスポーツ選手や経営者の方でも取り入れる人が増えてきました。


私たちが家で簡単に行うことのできる方法としては「静坐養神法」です。

①まず、椅子に浅めに座ります。手は鎌倉の大仏様のようにおへその下で重ねます。背筋を伸ばし、あごを少しひき、鼻の先を見ながら目を静かに閉じます。

②その状態で奥歯を緩め、舌を上前歯の根本あたりに軽くつけます。

③最初は呼吸を意識して、自然に呼吸ができるようになったら意識をおへその下の丹田まで下げていきます。

④意識を丹田に集中することで入静状態に入ります。



この方法では視覚的な刺激に囲まれた日常を遮断することで、自分の内側を見つめ、生命力を養います。


最初は数分からはじめ、慣れてきたら徐々に時間を長くしていくのがよいでしょう。

また、リラックスしやすい音楽や香りなど環境を工夫するとよいでしょう。


日々忙しく、雑念に悩まされているときや、考えがまとまらないときなどに行うことで、精神の安定が図れます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ