静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


風邪の進行

10月に入ってからもずっと暑かったのが、最近になって、急に寒い日が出てくるようになりました。

寒暖の激しさに、体が対応できずに苦労している方もおられることと思います。


そんな中、風邪をひいたりしている人もおられます。

風邪とひとことで言っても軽く済んでしまう人や風邪をこじらせて何日も寝込んでしまう人がいます。



この違いはどこにあるのかというと、東洋医学的には病の深さがかかわってきます。


風邪のことを「外感」といいますが、「傷寒論」という古い医書の中で6つに分類されています。

これを「三陰三陽病」といいます。


六経では太陽病⇒少陽病⇒陽明病⇒太陰病⇒少陰病⇒厥陰病というふうに病が進んでいきます。

病が進んでいくにつれ段々病が深く、治りにくくなっていきます。



①太陽病  
いわる風邪のひきはじめです。発病初期で悪寒・発熱・頭痛・うなじの凝り・といった症状がみられます。

病がそれほど進行していないので、安静によって比較的すぐよくなります。


②少陽病
発病後4~5日が経った時期の病態で、口苦・咽乾・舌苔白・食欲不振・悪心などを表します。

関は深いところからでるようになり、一種の胸苦しさが起こります。

熱型は悪寒と熱感が交互に起こるようになります。



③陽明病
発病後一週間以上たった状態で、陽病の極期で体温が高く、全身くまなく熱感に満ちてお腹が張ります。便秘などがみられ舌苔は黄色くなります。



④太陰病
陽明病期の後にくるもので、体力が低下し、身体が冷え、腹痛・下痢・嘔吐などの胃腸症状をきたします。



⑤少陰病
ますます元気がなくなり、床に伏してうつらうつらしています。



⑥厥陰病
上気して顔色は一見赤みがかかっていますが、下半身は冷えて、のどが乾き、胸が熱く、空腹だが、飲食できずやがて死に至ります。




傷寒や傷寒に類似した疾病は太陽病から順次進行していくのが一般的ですが、邪気の勢いや病者の体力などによっていきなり陽明病やあるいは太陰病に移行するすることもあります。

また、2病が同時におこることもあり得ます。


難しいところはありますが、僕は風邪をひいた際に、どのような症状があるかでどの程度ひどいのかを判断するようにしています。

風邪のひき始めの太陽病であれば大椎穴風門穴へのお灸がよく効きます。




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ