静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


鍼灸師は国家資格です

肩こりや腰痛、体の不調が出た際にどこにかかりますか?

肩こりや腰痛や体の不調が出た際には多くの方は、病院に行かれると思います。

病因の他には、整体院、もみほぐし、マッサージ、リフレクソロジーなどに通っていると思います。

その選択肢のうちのひとつにが鍼灸治療が入ってくるかと思います。



日本において人に対して施術(治療)を行うことを許された国家資格は?


日本で医師以外が患者さんに対して治療のようなこと(医業類似行為)が許されている資格ははり師・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師のいずれかです。

それぞれの国家資格をとるためには、文部科学大臣が認定した学校(大学)または、厚生労働大臣が認可した養成施設(専門学校)で3年以上、必要な知識と技能を習得しなければなりません。

国家資格の合格率は8割程度ですので、難しい試験ではないと思われるかもしれませんが、大学・専門学校ともに厳しい単位認定試験を実施しているため、しっかりと勉強しなければ学校をきちんと卒業できませんし、国家資格もとれません。

整体・もみほぐし・リフレクソロジーなどは国家資格ではありませんので、数日研修を受けたスタッフが施術することがありますが、知識や経験の量はこれらの国家資格を持った施術者とは比べるに値しません。

巷では鍼灸や整骨院、整体・もみほぐしなど同列に認識されているかと思いますが、きちんと施術を受けたければ、国家資格を持った方にお願いするのが良いでしょう。


鍼灸師になるために勉強すること

鍼灸師になるためには国家資格を取らなけらばなりませんが、国家資格に必要な科目は医療概論・公衆衛生学・解剖学・生理学・病理学概論・臨床医学各論・リハビリテーション医学・東洋医学概論・経絡経穴学・はり理論・きゅう理論と多岐にわたります。

東洋医学についてはもちろんのこと、お医者さんほどではないにせよ、西洋医学についてもしっかり勉強をしなければなりません。

国家試験では筆記試験のみですが、各学校で実技試験を実施しており、実技試験をクリアできなければ、国家試験の受験資格が得られません。


鍼灸師の資格の取得後は独立開業をすることが可能ですが、多くの場合は医療機関に就職したり、鍼灸院や鍼灸整骨院で経験を積みます。

資格取得後も勉強することが非常に多く、常に新しい知識や技術を体得するために努力することになります。


多くの鍼灸師の人が患者さんに早く良くなっていただくために鍼灸治療の技術向上に日夜励んでいます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ