静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


精神的抑うつの予防方法

精神的な抑うつを放っておくと、自律神経の不調を起こしたり、悪化させてうつ病につながる場合もあります。

軽度な抑うつ状態であれば、セルフケアなどで対処できます。

抑うつ状態の時にはあまり行動を起こしたくないと思うこともあるかと思いますが、思い切って行動を起こすことで精神的に楽になることが多くあります。

精神的抑うつの予防方法

  • 運動
  • ツボ押し
  • 肩こりの治療
  • 気持ちのコントロール



運動


精神的な抑うつを解消したければ、手軽にできる方法は運動です。

東洋医学では抑うつのことを「気滞」といいますが、この気滞は気血のうっ滞から起こります。

体を動かすことで、血の循環がよくなり、それに伴い気の流れがよくなるため気滞が解消されやすくなります。

ヨガや気功、太極拳などは呼吸も整えられるのでおすすめです。ですが、自分の興味のある運動であれば何でも構いません。

運動をして疲れることで、睡眠もとりやすくなります。

一番おすすめなのはジョギングです。

ジョギングをすることで、脳内ではβエンドルフィンといわれる脳内麻薬が分泌されます。βエンドルフィンは気分を高揚させたり、幸福感を生み出す効果があります。

また、ジョギングのような単調なリズム運動ではセロトニンという脳内物質も分泌されます。セロトニンは不安などを押さえ、精神を安定させる働きがあります。

だいたい20分くらいを目安に行うとよいでしょう。ペースはほとんど歩くのと変わらないペースでも構いませんので、楽に走れるくらいがちょうどいいでしょう。


ツボ押し

ツボ押しは合谷太衝というツボを使います。だいたい3秒5回くらい指で押すのがよいでしょう。

ストレスがあるときにこめかみの頭維というツボがズーンと感じることがありますがこの辺りもマッサージをすると楽になります。


肩こりの治療

肩こり、特に首のこりを治療しましょう。首には脳に行く動脈や自律神経が通っているので、首のこりがきつくなると脳に行く血流が不足したり自律神経が乱れやすくなります。

臨床をしてきての印象としては特に斜角筋という筋肉が固くなると精神的緊張、疲労感や不安感、抑うつ感が強くなるように思います。

頭を手で斜め後ろに倒していくとこの斜角筋を伸ばすことができると思います。

首や肩がこりすぎていて、自力ではどうしようもない時は鍼灸治療やマッサージなどを受けるとよいでしょう。


気持ちのコントロール

精神的な抑うつが生じている原因によって対処は異なります。

まず、何に対して抑うつを感じているのかを明確にします。

対人関係にあるのか、将来に対しての不安なのか、何かに対する不満なのか…

そしてそれが、自分の行動や努力で解決できるものなのかを考えます。自分の行動や努力で解決できるものは行動に移しましょう。


相手にどう思われているという不安感や将来に対する漠然とした不安などは、自分の脳の中で作り出したイメージでしかないので行動や努力で対処できるものではありません。自分の行動や努力で解決できないものは考えないようにしていきましょう。

実は抑うつや不安感は自分の脳で勝手にマイナスなイメージとして作られていることが結構あります。

ネガティブ志向の人はマイナスイメージの考え方の癖がついています。

認知療法などを行うことでマイナスイメージを解消できることもあります。




抑うつ気分は誰にでもあることで、一過性であれば何も問題ありません。

ただ、慢性化したり、深刻化すると日常生活やQOL(生活の質)に影響してきますので、ちょっと抑うつな気分が続くなと感じたら、精神的抑うつの予防方法を試してみてください。





更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ