静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


生活習慣病に気を付けましょう

成人病から、生活習慣病へと呼び名が変わってから随分と年が経ちました。

成人病は、主として脳卒中やがんなどの悪性腫瘍、心臓病など40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全体の死因の中でも高位を占め、40~60歳代の働き盛りに多い疾患として昭和30年ごろから行政用語として使われてきました。

しかし、生活習慣と成人病との発症の因果関係が明らかになってきたり、未成年者においても生活習慣によっては発病することがあるということもわかってきました。

そこで国民に生活習慣の重要性を喚起し、健康に対する自発性を促し、生涯を通じた生活習慣改善のための個人の努力を社会全体で支援する体制を整備するために「生活習慣病」という言葉が1996年から用いられるようになりました。


代表的な生活習慣病


生活習慣病につながる生活習慣とは主に食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒などがあげられます。

食習慣が原因で起こる生活習慣病

食習慣が原因で起こる生活習慣病は肥満、高脂血症、糖尿病、大腸がん、痛風、高血圧などがあげられます。

肥満や高脂血症、糖尿病は脂質や糖質を含む食品を多く摂取することによって起こります。

大腸がんは食物繊維の不足や肉類の多量摂取によって起こりやすいとされています。

痛風はレバーやビールなどのプリン体を多く含む食品を多くとることで起こりやすくなります。

高血圧は塩分の過剰摂取によって起こります。

運動習慣が原因で起こる生活習慣病

肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧などは慢性的な運動不足で起こりやすくなります。

喫煙が原因で起こる生活習慣病

肺扁平上皮癌、肺気腫、慢性気管支炎、歯周病、循環器の病気などが喫煙が原因で起こりやすくなります。

喫煙は吸う人だけではなく、副流煙も有害で受動喫煙によってもこれらの疾患にかかることがあることから、世界的にも分煙や禁煙の意識が高まっています。

飲酒が原因で起こる生活習慣病

アルコール性肝炎、食道がん、高尿酸血症(痛風)などがアルコールの多量摂取によって起こりやすくなります。



亭主を早死にさせる十か条
  1. 夫をうんと太らせる
  2. 座らせる
  3. お酒をうんと飲ませる
  4. 塩分の多い食べ物に慣れさせる
  5. 動物性脂肪をたくさん食べさせる
  6. コーヒーをがぶがぶ飲ませる
  7. 煙草をすすめる
  8. 夜更かしをさせる
  9. 休暇、旅行に行かせぬ
  10. 終始文句を言う

生活習慣病に対する鍼灸治療

生活習慣病では各症状に対する薬が処方されますが、薬の役目は症状を抑えるだけなので、根治をさせるという面では非常に難しいといえます。

生活習慣病は名前の通り生活習慣の見直しが症状を改善するためのカギとなります。

もちろん自分での生活習慣の見直しが大切となってきますが、体に点在するツボを使う鍼灸治療を併用することで、体質を改善しやすくする働きがありますし、薬では症状ごとに違う薬が処方されますが、鍼灸治療であれば、様々な症状が出ていてもすべてひっくるめて施術することが可能です。




生活習慣病は年齢が上昇するにつれて発生頻度が増える性質があります。

日本ではこれからますます高齢化が加速し生活習慣病が増加すると予想されます。

健康でいなければ、経済活動は行えませんし、社会だけではなく家族にも迷惑をかけてしまうことがあります。生活の質(QOL)を著しく下げる可能性もあることから、普段からの生活習慣のちょっとした意識で予防できる疾患も多いので、気を付けていきましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ