静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


熱中症には気をつけて

7月に入り30度を超える日が多くなってきました。

毎年、ニュースで熱中症で病院に何人も運ばれたなどということを放送しています。

熱中症は誰にでも起こりますが、体温調節機構が働きにくい乳幼児や高齢者の方は特に注意が必要です。

熱中症の症状

熱中症の症状は次のようなものがあげられます。
  • 炎天下や暑い部屋での倦怠感
  • めまいや吐き気や頭痛
  • 筋肉が痙攣する
  • 手足がしびれる
  • 異常な汗の量
  • 頭や顔体が熱い
  • 意識がもうろうとする

熱中症では体温の上昇による身体の各組織の損傷と脱水症状による身体障害がみられます。

熱中症での倦怠感やめまいや吐き気は熱疲労といって体が脱水状態になっていることを表します。

筋肉の痙攣やしびれは脱水状態によって、筋細胞や神経細胞の電解質のバランスがおかしくなることによって起こります。

拭いても拭いても汗が噴出してくる状態やまったく汗をかかないというのも異常な状態です。おそらく塩分不足によって体内の塩分濃度を保つために汗を大量に可能性があります。体の中の水分量が危険水域になると汗をかかなくなり、熱を発散できないため、各組織が熱によってダメージを受けます。

意識がもうろうとするのは脱水によって脳へ血液が回りにくいことなどによって起こります。意識障害は熱中症では危険な状態となりますので、早急に医療機関へかかる必要があります。


熱中症かなと思ったら、または熱中症の人を見かけたら

暑い中、吐き気や頭痛などを感じたら、熱中症の疑いがあります。

熱中症と感じた際は速やかに次のように行動しましょう。
  1. 涼しい場所に移動
  2. 衣類の通気性をよくする
  3. 体を冷やす
  4. 水分を補給する
  5. 救急車を呼ぶ
1.涼しい場所に移動
まずは、涼しい場所へ移動しましょう。屋外にいる場合は直射日光を避けられる日陰のある場所に移動しましょう。

部屋の中でも熱い場合は熱中症になる場合があります。熱い場合は我慢せずエアコンを入れるようにしましょう。

2.衣類の通気性をよくする
ボタンのある服を着ている場合は襟元のボタンをはずし、風通りを良くします。ベルトなど締め付けるものは外すようにしましょう。

3.体を冷やす
水で濡らした、タオルなどで体をふき、うちわなどで仰ぐことで気化熱によって体の熱を外に放出することができます。

保冷材や氷がある場合は脇の下や股関節のところに大きな動脈が通っているためにそこを冷やすと効果的です。

4.水分補給
水分補給は水だけをとると、体内の塩分濃度がより低くなり、脱水を悪化させることがあります。必ず塩分も同時に補給するようにしてください。

スポーツドリンクや経口補水液などがよいでしょう。

5.救急車を呼ぶ
意識障害がある場合は危険です。1~4の処置をしたうえで早急に救急車を呼びましょう。




高齢者の方は暑さを感じにくくなりますし乳幼児であれば暑さを伝えることができません。周りにいる人たちが気を付けて熱中症にならないように対策をしてください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ