静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


顔の痛み 三叉神経痛に対する鍼灸治療

顔面に起こる激烈な痛み、放散痛、発作的な痛みが起こる疾患を三叉神経痛といいます。

よく顔面の痛みなので顔面神経痛という方がおられますが、顔面神経は顔の筋肉の運動と味覚にかかわっていて、顔面の知覚には関わっておらず、正確には三叉神経が顔面の感覚を主っているので、三叉神経痛といいます。

三叉神経は第一枝(眼神経)、第二枝(上顎神経)、第三枝(下顎神経)があり、それぞれが顔面の感覚を支配しています。

第一枝:額、こめかみ、上まぶた
第二枝:下のまぶた、頬、上唇
第三枝:下あご、側頭部



痛みの特徴としては、それぞれの支配神経領域に激烈な痛みや放散痛が5秒~1分間発作的に起き、続きます。

原因は不明ですが、小脳・橋三角部の三叉神経入口部で血管の圧迫があるのではないかという説があります。

また、外傷後、帯状疱疹後、脳腫瘍などによっても起きるとされています。

こめかみのあたりの痛みは頭痛との区別が難しいですが、三叉神経痛での痛みは痛む場所が固定しているところです。

40歳以上とくに高齢者の方に多く、男女比は2:3で女性に多いです。発作的に短時間の激痛が片側だけに出ます。顔の運動などには異常は出ません。また睡眠中には発症しません。

三叉神経痛の治療


三叉神経痛の治療では神経ブロック(注射)などが行われます。

また、手術が用いられる場合もあります。三叉神経を圧迫している血管の三叉神経のあいだにクッションを挿入して圧迫をとる手術です。脳幹部に対する手術なので、重大な合併症の報告もあります。この部分に腫瘍が見つかることもあります。

三叉神経痛に対する鍼灸治療


三叉神経痛に対する鍼灸治療では局所治療として、それぞれの支配神経領域に刺鍼することで局所の鎮痛効果を図ります。

顔面への刺鍼法

第一枝:眼窩上部、前頭切痕(陽白)
第二枝:眼窩下孔(四白)
第三枝:オトガイ孔(大迎)

局所の鎮痛効果を目的として、100ヘルツの通電刺激を10分間行います。

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ