静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


各症状について

寝違えの鍼灸治療

朝、起きたら首が痛くて回らない。うたた寝をしていて起きたら首が痛くてどうしようもないといった経験はありませんか?これは俗にいう「寝違え」というやつです。寝違いの原因は?主な原因としては首の筋肉に無理を...

続きを見る

オスグッド・シュラッター病について

成長期に発生する膝の痛みオスグッド・シュラッター病は中学生などの成長期に発生する膝の痛みで、膝蓋骨の3センチくらい下のところが痛みます。オスグッド・シュラッター病は脛骨粗面にある骨端軟骨に異常が起こり...

続きを見る

脱肛について

中高年になると脱腸や脱肛で苦しむ人が増加します。脱肛は初期では自然に戻ることが多く、問題になりませんが、程度が進むにつれて手で押し込まないともとに戻らない、あるいは簡単に脱肛しやすくなるといったことが...

続きを見る

しゃっくりについて

しゃっくりは横隔膜が痙攣することによっておこる現象です。しゃっくりは基本的には無害で、時間経過とともに自然に消滅しますが、食道や胃の疾患、腹腔内の炎症、心臓疾患、肝臓疾患、脳疾患などによっても見られる...

続きを見る

舌の痛み

患者さんのなかにたまに、舌がピリピリするとか、舌が痛むとか、舌があれるという方がおられます。病院に行っても特に問題ないといわれるのですが、舌の痛みはわずかでも気になるものです。舌の痛みの原因は?舌先の...

続きを見る

肋間神経痛の鍼灸治療

肋間神経痛とは脇腹や胸、背中などに痛みの走る症状の総称をいいます。その痛みが肋間神経の走行上に現れることから肋間神経痛と呼ばれます。肋間神経痛の痛みの特徴としてはチクチクとした刺されるような痛みが出る...

続きを見る

乳汁分泌不全について

通常出産後2~3日すると乳汁は自然に分泌されます。乳汁分泌不全とは産後に乳汁が分泌されない、または分泌されても乳汁が十分に出ない状態をいいます。1回の哺乳の充足量は60ml以上といわれています。現在は...

続きを見る

線維筋痛症・線維性筋痛症候群について

原因不明のからだの痛み線維筋痛症とは3か月以上持続する体の広範囲の痛み疲労感朝のこわばりしびれ睡眠障害などの症状をきたす原因不明の疾患です。20歳~60歳代の女性に多くみられる疾患です。診断方法は?近...

続きを見る

前立腺肥大症について

前立腺肥大症とはその名の通り、前立腺が肥大化する症候です。前立腺は年齢が上がるにつれて肥大していきます。前立腺のには内線と外腺とがあり、前立腺肥大症では内腺が肥大化していきます。前立腺は30代以上で少...

続きを見る

のぼせについて

冬になって、寒いところから暖かいところへ入ると顔がボーと火照ったりすることがあります。また、お風呂に入りすぎたときものぼせることがあります。普段でもこれと同じように顔が急に熱くなったり、ほてることがあ...

続きを見る

歯の痛みに対する鍼灸治療

鍼灸治療による歯の痛みの適応は虫歯を除くものとなりますので、歯が痛い場合はまず虫歯がないか、歯医者さんで確認をしてください。虫歯がない場合は鍼灸治療の適応となります。東洋医学的にみる歯と臓腑の関係歯と...

続きを見る

脱毛症

脱毛にも種類があります脱毛とは抜け毛のことで頭から毛髪が抜けてしまうことをいいます。一言で脱毛といっても種類があります。それは休止期毛性脱毛症と成長期毛性脱毛症です。休止期毛性脱毛症髪の毛は絶えず生え...

続きを見る

結膜炎について

結膜炎とは結膜炎とは眼瞼膜に強い炎症を起こし、眼瞼結膜に充血・腫脹・混濁・乳頭増殖・偽膜形成をみることをいいます。自覚症状は涙や異物感、目ヤニが多く出ます。重症な例では角膜障害を合併します。眼球結膜の...

続きを見る

緑内障の鍼灸治療

緑内障とは緑内障は眼圧が高くなることにより、視野の欠損など視機能が障害される疾患のことをいいます。最悪の場合失明することもあります。眼圧とは眼圧とは目の中の圧力や目の硬さのことをいいます。目の中には眼...

続きを見る

チックについて

チックとはチックとは、本人の意思に関係なく、突発的・急速・反復的・律動的・常同的な運動あるいは発声が2週間以上続くものをいいます。ほぼすべての種類のチックは、ストレスにより増悪し、集中になり減少し、ま...

続きを見る

高齢者の方への鍼灸治療の効果

高齢になった際のからだの変化高齢になると、年を重ねるとともに全身が衰えていきます。運動能力や内臓の働き、さらには視聴覚などの感覚の衰えがみられ、様々な病気も発症するようになります。65歳以上の方の50...

続きを見る

認知症について

認知症とは?認知症は単なる物忘れではありません。何らかの原因で、脳のきのうが障害されて、日常生活に支障をきたすほどもの忘れなどが進行するのが認知症です。認知症は特定の病気を指す病名ではありません。認知...

続きを見る

摂食障害について

摂食障害とは摂食障害は、思春期から青年期の助成を中心に増えている病気です。痩せている女性が美しいとする社会的な風潮が深くかかわっているといわれています。摂食障害は過食症や拒食症などといった食に関連する...

続きを見る

口内炎について

とくに原因がないのに、歯茎や唇、口内の粘膜がはがれて潰瘍ができるもの、熱いものがしみたり、食べ物が触れるといった症状をアフタ性口内炎といいます。口を切ったりした後にみられる口内炎をカタル性口内炎といい...

続きを見る

花粉症のツボ

2月の後半から3月にかけて、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなど花粉症を持っている人には非常につらい季節となります。花粉症は植物の花粉が原因で起こるアレルギーです。多くの人にとっては花粉症は春に発...

続きを見る

高齢者うつ

わが国では、高齢化社会がすごいスピードで進んでいます。高齢化に伴い、関節の痛みや内臓の病気など様々な症状に悩まされるようになります。とりわけ、高齢になると物忘れが多くなるなど認知症のリスクも高まります...

続きを見る

起立性調節障害について

起立性調節障害とは起立性調節障害とは、自律神経失調症の一つで立ちくらみ・頭痛・息切れ・腹痛・全身倦怠感などの身体の身体不調の症状がみられます。思春期前後の小学校高学年から高校生の間に発症しやすい障害で...

続きを見る

妊娠中の腰痛について

妊娠中には50%の確率で腰痛が発症します。胎児が大きくなるにしたがって物理的に腰が反りかえるような体勢になるためです。妊婦のうちの1割は痛みの緩和のためのなんらあの治療を希望されています。しかし、妊娠...

続きを見る

ストレートネック(スマホ首)について

ストレートネックとはストレートネックとは名前の通り首がまっすぐな状態をさします。正常な頸はなだらかにカーブしていますが、あごを極端に引いた姿勢や、猫背姿勢、スマートホンやパソコンなど頭が前に下がる姿勢...

続きを見る

アレルギー性鼻炎について

アレルギー性鼻炎とはアレルギー性鼻炎とは発作性再発性のくしゃみ、続いて水性鼻漏が出現し、これらが減少するころに鼻閉が起こります。発作は起床時に多く、花粉症を除きほぼ通年してみられます。花粉症は開花時期...

続きを見る

股関節の痛み

人間は2足歩行をするので、膝関節・股関節に大きな負担をかけて生活することになります。とりわけ股関節を傷めると歩行・階段の上り下り・立つ姿勢が困難になるため、日常生活動作を非常に低下させる要因となります...

続きを見る

逆子の鍼灸治療

胎児は通常産道に対して頭が下の状態にありますが、お尻の方が下にある状態を逆子といいます。専門用語では骨盤位と呼ばれています。逆子は妊娠21~24週で39.2%、25~28週で30.2%、29週~32週...

続きを見る

近視、遠視、乱視について

近視近視とは遠くのものを見ようとした際に像がぼやけて見える状態のことをいいます。目から入った光が眼球の角膜や水晶体によって屈折し網膜のところで像が結ばれますが、眼球の大きさが大きいために眼軸が長くなり...

続きを見る

過呼吸症候群、過換気症候群について

過呼吸とは過呼吸症候群とは不随意的、急に起こる過呼吸発作により、呼吸器、循環器、脳や神経系統など全身にわたり、いろいろな症状が現れる症候群のことをいいます。過呼吸は過換気症候群とも呼ばれます。発作を起...

続きを見る

疲労感 慢性疲労症候群

疲労感は、疲労を感じることです。日本人の6割が疲労感を感じているといわれています。具体的にはからだのだるさ、からだが重い、なんとなく疲れやすい、息切れがする、動悸がするなどの様々な症状があります。また...

続きを見る

不妊症

不妊症とは不妊症とは妊娠を希望して、避妊をせずに2年以上経過しても妊娠できなかった場合のことをいいます。2年という年数に関係なく子宮筋腫などの何らかの器質的な問題で子供ができない場合も不妊とされます。...

続きを見る

肩のスポーツ障害について

野球肩野球肩は、投球動作に伴う痛みを主な症状とするスポーツ障害であり、一か所の障害ではなく、いろいろな病態を含む疾患です。テニスのサーブやバレーボールのアタックなどでも、同様の障害をきたします。上肢を...

続きを見る

下腿におけるスポーツ障害

シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)シンスプリントは運動部に所属している学生の間ではしばしば遭遇する症状になります。陸上競技・バスケットボール・バレーボール等ジャンプしたり、良く走る競技に多くみられます...

続きを見る

足関節捻挫

捻挫とは外力によって、関節の動きが正常範囲を超えることによて起こる軟部組織損傷です。足関節捻挫はスポーツの現場においては非常に高頻度にみられますが、重症度としてはあまり高くないことが多いために、適切な...

続きを見る

顎関節症(顎の痛み)

顎関節症とは顎関節症とは顎関節に発生する口を空けたときの疼痛、関節雑音、開口制限(口が空けにくい)を特徴とする症候群のことをいいます。顎関節症の症状は一般に関節雑音や顎関節痛、開口障害が単独もしくは複...

続きを見る

突き指

突き指とは突き指とは指節間関節捻挫のことです。スポーツなどで、ボールを取り損なったりして、指節間関節が生理的に可能な範囲を超えて過度に伸展または屈曲され、関節包や靭帯が損傷を受けて起こります。しかし関...

続きを見る

スポーツ外傷

スポーツを行う上で、切っても切り離せないものが怪我です。スポーツ中に起こった怪我によって、競技生活を棒に振ってしまう選手も多くみられます。スポーツ中に起こる怪我の中には軽く足を捻った捻挫から、相手とコ...

続きを見る

精神神経疾患について

精神障害がおこる原因としては次のようなものが原因として考えられます。身体因性:直接脳に障害のあるもの例:アルツハイマー病、認知症、脳腫瘍など心因性:精神的ストレスや性格によるもの内因性:身体因性でも心...

続きを見る

関節リウマチについて

関節リウマチは骨、関節、筋、腱、靭帯などの運動器に疼痛症状を有する疾患群のことをいいます。多発性の非化膿性の関節炎を主症状とする原因不明の慢性全身性疾患です。関節リウマチでは手足や足の小さな関節のこわ...

続きを見る

むち打ち症候群について

むち打ち症候群の定義は、一般論では交通事故、通常は追突事故を受けた後に生じる症候群であり、その症状は多彩で、かつ、いろいろな組み合わせで起こります。これらの多彩な症状をむち打ち関連障害と呼びます。具体...

続きを見る

下痢について

下痢とは下痢とは水分の多い液状の便を排出する状態をいい、一般的に便通は頻回します。1日に一回であっても液状便の排出があれば、下痢といいます。健康な人の便の水分含有量は70~80%です。軟便では80~9...

続きを見る

冷え症 レイノー病について

冷え症とは四肢末梢において動脈に動脈血がいかないことによって発症するしびれ、冷感、蒼白などの症状を総称してレイノー現象と呼びます。冷え症は診断名ではなくレイノーとなります。広辞苑では冷えやすい体質。血...

続きを見る

性機能障害 EDについて

従来使われていたインポテンツという言葉は患者様にとって屈辱てきな響きが強いために、最近では勃起障害(erectiledysfunction=ED)という言葉におきかえられてきていますが、近年では性行為...

続きを見る

手足のふるえ、パーキンソン病の鍼灸治療

パーキンソン病とはパーキンソン病は中脳の黒質にあるメラニン細胞の変性萎縮を主病変とし、特徴的症状を呈する神経変性疾患です。メラニン細胞の変性によって神経伝達物質であるドーパミンの分泌が不足するといわれ...

続きを見る

夜尿症 おねしょの鍼灸治療

夜尿症とは夜尿症とは夜間睡眠中に無意識に尿が出る現象をいいます。一般的には4~5歳ころには排尿機構と睡眠機構の発達に伴って自然に消失します。しかしながら5歳を過ぎても消失せず、依然として夜尿が生じる場...

続きを見る

頻尿、尿失禁の鍼灸治療

頻尿、尿意切迫感(過活動膀胱)とは切迫性尿失禁の有無に関わらず、頻尿および夜間頻尿を伴う尿意切迫感を過活動膀胱といいます。頻尿日中の排尿回数が多い症状のことを頻尿といいます。おおむね排尿と次の排尿まで...

続きを見る

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療

顔面神経麻痺は、顔面の運動神経のが出麻痺が現し、その障害部位によって他の症状が出現します。涙の分泌異常、聴覚過敏、味覚障害、唾液分泌異常などの症状が起こります。病因としては聴神経腫瘍、髄膜、クモ膜下炎...

続きを見る

眼精疲労

パソコン作業などの近業を続けることで、目が疲れ、目痛、頭痛、悪心、嘔吐などがおこり、近業を続けられなくなる状態を眼精疲労といいます。眼精疲労の原因眼精疲労は原因によって次のように分類できます。調節性眼...

続きを見る

高血圧の鍼灸治療

高血圧とは血圧が高血圧領域にある状態をいいます。高血圧だけでは生命に危険があるわけではありませんが、高血圧は動脈硬化などによっておこるため、脳梗塞、心筋梗塞になる危険因子となるので血圧は健康を管理する...

続きを見る

無月経、月経周期の異常に対する鍼灸治療

月経異常は、症候であって疾患ではありません、したがってその原因は様々です。正常な月経は視床下部→下垂体→卵巣を中心とした規則的なホルモン分泌および、それに呼応した子宮内膜の機能形態...

続きを見る

食欲不振に対する鍼灸治療

食欲とは、食物摂取に対する欲求のことです。この欲求が低下した状態が食欲不振です。食欲中枢は視床下部にあるとされています。食欲中枢は満腹中枢と空腹中枢からなり、両者によって食欲は調節されています。食欲中...

続きを見る

生理痛に対する鍼灸治療

月経前症候群とは月経の発来する3~10日前くらいから、腰痛、腹痛、乳房痛、食欲不振、頭痛、心悸亢進、精神不穏、うつ症状、浮腫などの症状を訴え、月経開始とともにこれらの症状が消失するものをいいます。月経...

続きを見る

胸痛に対する鍼灸治療

胸痛に対する鍼灸治療は東洋医学的アプローチによって行います。胸痛は東洋医学では「胸痛」、「胸痺」、「心痛」と表記されます。胸痛上焦に属し、心肺が含まれるので、本来は心肺の病変から生じた疼痛を指します。...

続きを見る

難聴・耳鳴りの鍼灸治療

耳鳴りとは?耳鳴りとは文字通り何もないのに耳の中で音がなっている状態です。耳鳴りの音は患者さんによって様々あります。キーンやジーと高い音が聞こえたり、ワーンやブーンなどの低い音が聞こえることがあります...

続きを見る

更年期障害に対する鍼灸治療

更年期(45歳~55歳)に生ずる不定愁訴を更年期症状といい、その症状が日常生活に支障をきたすものを更年期障害といいます。日本産婦人科学会の定義では更年期は「生殖期から生殖不能器への時期で、加齢に伴い性...

続きを見る

喉の違和感 咽喉頭異常感症に対する鍼灸治療

のど(咽喉部)が異物で梗塞ている感じ、吐き出そうとしても取れないが、食べ物を食べる際には支障がない状態を咽喉頭異常感症といいます。咽喉頭異常感症は更年期前後の女性に多発します。主観的には、咽喉部に異物...

続きを見る

アトピー性皮膚炎に対する鍼灸治療

アトピー性皮膚炎は増悪と寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主な病変とする疾患で、患者さんの多くはアトピー素因を持っています。アトピー素因とはIgE抗体を産生しやすい体質のことです。病態アレルギーによるも...

続きを見る

糖尿病に対する鍼灸治療

糖尿病とはインスリンの作用不足により生じる慢性の高血糖を主な兆候とする代謝疾患です。糖尿病は初期では症状がほとんど見られないため、多くの方は軽くみる傾向にあります。しかし糖尿病は合併症によって生活の質...

続きを見る

顔の痛み 三叉神経痛に対する鍼灸治療

顔面に起こる激烈な痛み、放散痛、発作的な痛みが起こる疾患を三叉神経痛といいます。よく顔面の痛みなので顔面神経痛という方がおられますが、顔面神経は顔の筋肉の運動と味覚にかかわっていて、顔面の知覚には関わ...

続きを見る

便秘に対する鍼灸治療

便秘とは、各個人の健康時の状態に比べ排便回数が減少し、水分の乏しい便を数日に一回くらい排出する状態です。排便の回数はあまり問題にならず、便の中の水分量が非常に少ないことが重要です。一般的には、便通は2...

続きを見る

胸郭出口症候群―手のしびれに対する鍼灸治療

胸郭出口症候群とは首から出ている腕神経叢と鎖骨下動脈から構成される神経血管束が頚部から腕に移行する走行路で圧迫または締め付けを受けることで、しびれや痛みなどの神経血管症状を発症する疾患の総称です。20...

続きを見る

変形性膝関節症に対する鍼灸治療

膝関節を構成する組織に慢性の退行性変化と増殖性の変化が起こり、関節の形態に変化をきたす疾患を変形性関節症といいます。変形性関節症が膝関節で起こった場合、変形性膝関節症といいます。中高年以上の年齢層に多...

続きを見る

腰痛

腰痛の原因(西洋医学的病態)筋筋膜性腰痛症日頃あまりスポーツや運動をすることなく、引っ越しや大掃除などで重量物を持ち上げたり野球やゴルフなど腰をひねるスポーツを急にしたり、不自由な姿勢を続けることこと...

続きを見る

悪心、嘔吐について

悪心とは喉から胸あたりにかけて生じる異常感覚で、それは今にも嘔吐しそうになる不快な感覚です。一方、嘔吐とは異内容物を食道、口腔を帳じて排出する現象です。悪心と嘔吐は密接に関係し、悪心は嘔吐の前駆症状に...

続きを見る

肩関節の痛み、四十肩、五十肩について

肩関節の痛みは野球や水泳などの肩関節を酷使するスポーツ選手や、40代~50代の方、高齢者の方など様々な年齢で見られる症状です。単純に肩関節の痛みといっても、肩関節は360度どこの方向にも動く関節ですか...

続きを見る

めまいに対する鍼灸治療

めまいとは、耳鼻科だけでなく、多くの科で訴えられる症状です。ですから一口に「めまい」といっても多種多様な症状がみられます。一般的に自分もしくは周囲が動いている状態をいいます。西洋医学的なめまいの分類末...

続きを見る

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ