静岡市で改善率No.1の鍼灸院。慢性的な肩こりから、自律神経失調症まで改善!

とく鍼灸院


院長日記

鍼灸の得意分野

更新

みなさんはからだの調子が悪くなった時にどうしますか?

病院に行くか、整体に行くか、整骨院にいくか鍼灸院に行くか迷ったりしたことはありませんか?


当院に来院される患者さんのほとんどが、病院に行ったり、整骨院に行ったり整体に行ったりしたけど、体調が良くならなかったという経験をお持ちです。

逆に今まで鍼灸治療を経験した方を除いて体調が悪いのですぐに鍼灸治療を受けに来たという方は非常に少なく、鍼灸治療は他の治療で良くならなかったために、どうにかよくならないかと最終手段として来院されるという方がほとんどです。


病院・整骨院・整体・鍼灸にはそれぞれ得意分野がある

私の個人的な見解ですが、病院・整骨院・整体・鍼灸のそれぞれの得意分野をまとめてみたいと思います。

病院の得意分野

病院の得意分野は感染症・と器質性の疾患です。

感染症は抗生物質などの薬が非常に有効になるケースが多いですし、他の人への2次的な感染を防ぐためにも病院での治療をするのが最も有効と考えられます。感染症の症状が出た場合には病院以外に選択肢はないでしょう。

それから病院の強みは何といっても客観的な検査を行うことができるという点です。

レントゲンやCT、MRI、エコーなどのからだの内部を見ることのできる画像診断や血液検査などで異常がない確認できることが何といっても強みです。画像などで異常が見つかれば、投薬や手術をすることができますし、診断を間違えるということも少ないです。

整骨院の得意分野

整骨院の得意分野は捻挫や打撲などのケガです。

整骨院を開院できるのは柔道整復師という資格を持った人です。柔道整復師はその名のとおりもともと柔道をしている人がけがをした際に治すというような資格でした。柔道で起こるけがは骨折・打撲・捻挫・脱臼です。

ですから、柔道整復師は主に骨折や打撲・捻挫・脱臼の対処を勉強します。骨折については現在は整形外科での診断後に医師の指示に基づき整復するということになっていますので、ほとんど骨折時の整復は行いませんので、整形外科で整復してもらったほうがよいと考えられます。

整骨院では捻挫・打撲・脱臼の施術には保険を使うことができます。

最近では整骨院でも骨折・打撲・捻挫・脱臼以外でも腰痛であったり骨盤矯正といった特色打ち出した院もあります(自費になります)

整体の得意分野

整体の得意分野は何といっても骨の歪みです。

ただし、現在日本においては整体の国家資格はなく民間などの資格はありますが、統一されたものはありません。

ですから、各整体院でやっていることも様々ですし、正直いろいろありすぎてどれがいいということが非常に難しいです。

よく勉強し、技術の優れた整体師の方に当たればラッキーかもしれません。


鍼灸の得意分野

ここまで病院・整骨院・整体院の得意分野をお伝えしてきましたが、最後に私の行っている鍼灸の得意分野についてお伝えしたいと思います。

鍼灸の得意分野は私は3つあると考えています。

それは運動器疾患・機能性疾患・不定愁訴です。

運動器疾患

運動器疾患とは主に筋肉や関節の痛みのことをいいます。

鍼は整体などとは違い筋肉や靭帯などに直接アプローチすることができます。

筋肉の痛みの際は筋肉の中に硬結といって硬く柔軟性のなくなっている部分が発生します。この硬結が痛みのもととなりますが、鍼を硬くなっている筋肉の硬結に向かって刺し、硬結の表面に鍼先を当て、5分から10分間置いておくと筋肉の緊張がゆるんだり、痛みが緩和します。

慢性な関節痛の場合は私は小さい糸状灸というのを多く用います。痛みの出ている関節に糸状灸を行うと早い人で施術直後から、多くの人が次の日くらいに痛みが少なくなったということをおっしゃられます。

慢性の関節痛のばあい、関節軟骨のが破壊され骨がむき出しになってしまい、痛みが非常に強い場合は手術をすることになりますが、そうでない場合は病院では鎮痛薬と湿布などの処方で保存的にみていくことになります。

こういった場合には鍼灸治療を併用することではやく症状が軽減することが多いです。

骨が変形してしてしまったというのを鍼灸でもとに戻すことはできませんが、骨や関節の変形に伴う筋肉の痛みであったり、靭帯・腱といったものの痛みに対しては鍼灸治療は非常に有効であると経験上私は考えています。


機能性疾患

機能性疾患とは病院などの画像検査において内臓などからだに特に異常は見られないにもかかわらず、不調がみられるものをいいます。

便秘や過敏性腸症候群などがそれにあたります。

そのほか病気に心因(精神的ストレス)が絡む心身症も鍼灸治療は有効です。気管支ぜんそくや過換気症候群などの呼吸器疾患、高血圧・狭心症・起立性低血圧などの循環器疾患、慢性胃炎などの消化器疾患、そのほか過食症や頭痛、夜尿症、メニエール病など多岐にわたる疾患が心身症にあたります。

更年期障害や自律神経失調症も症状の出現には心因(精神的ストレス)が関与しており、心身症の一つになります。

この様な疾患に対しては鍼灸治療では東洋医学的に診断をし、五臓六腑を整えるツボに鍼やお灸で刺激をすることで調子が整ってきます。

西洋医学的にも体性ー内臓反射といって、体の表面への鍼灸刺激が感覚神経、自律神経を介して内臓などの組織に働きかけることがわかっています。


不定愁訴

なんとなくだるい、眠い、眠れない、食欲がない、しんどいなどといった症状を不定愁訴といいます。

病院で検査をしてもとくにからだに異常がみられない多岐にわたる症状をいいます。診断がつきませんので、病院では特に薬が出るわけではありませんし、原因がわからないため対処のしようがなく患者さんも不安に感じたり困ってしまいます。

不定愁訴が長く続くと心身の異常に注意が集中し、軽い異常を重病と思い込みそれに固着する心気症(心気症状)となってしまう人もいるため厄介です。

不定愁訴は病院では診断がつきませんが、東洋医学的には診断ができます。例えば、なんとなくだるい、食欲がない、しんどいという症状を総合して考えると東洋医学的には「脾気虚」という診断がつきます。鍼灸をする場合脾気虚では「健脾」といって脾を強くするためのツボが選択されます。公孫や内関、太白、中脘、足三里、三陰交、脾兪といったツボに鍼やお灸をすることで体調は回復してくるでしょう。

この様に、病院では診断のつかない体の不調も鍼灸や漢方といった東洋医学では診断できるために不定愁訴に対しても対処することができるのです。

これは病院にはない鍼灸治療の強みといえるでしょう。

病院・整骨院・整体・鍼灸の得意分野、とりわけ鍼灸の得意分野をお伝えしてきましたが、自分の症状が鍼灸院で診てもらえるのかなと疑問を持った方はお近くの鍼灸院にご相談いただけたらと思います。


2018年08月08日 更新

院長日記新着記事一覧

耳鳴りの前兆
当院ではよく耳鳴りや難聴の患者さんが来院されます。耳鳴りのする病気で多いのはメニエル病や突発性難聴などがあげられます。メニエル病や突発性難聴ははっきりとした原因は分っていません。し...
2018年08月01日 更新
坐骨神経痛のときのマッサージや鍼の刺激について
前回のコラムでは肩こりの時に強いマッサージやゴリゴリするようなマッサージを継続して行うことで、肩こりがどんどん悪化していくことをお伝えしました。今回は坐骨神経痛でお尻が痛い時にはマ...
2018年07月11日 更新
肩たたきや強いマッサージが好きな方は要注意
鍼灸院に肩こりで来院される患者さんの中に肩や首が表面からカチカチな方がおられます。これだけ、肩が固いと指で押さえるとさぞかし痛いだろうと「押さえたら痛みますか?」と確認すると「触ら...
2018年07月03日 更新
ニキビ・吹き出物に鍼灸は有効か?
近年では美容の目的で鍼灸治療を行う方が増えてきています。また美容目的専門の鍼灸院も登場しています。美容目的の鍼灸治療での主な悩みはしみ・しわ・肌のたるみといった老化に伴うものが多い...
2018年06月27日 更新
肩こりと目の下のくま
とくに夜更かしをしたわけではないのに目の下にくまができやすい、もしくは常に目の周りが浅黒くくまのようになっている方はおられますか?またそれと同時に肩が凝り固まった感覚や肩が痛くてズ...
2018年05月30日 更新

とく鍼灸院のご案内

住      所:
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2-4
アクセス:
新静岡セノバ徒歩7分 日吉町駅徒歩7分 バス停「市民文化会館入口徒歩1分」
お問い合わせ・ご予約
054-266-5735
受付時間:
午前08:30-12:30
午後15:30-19:30
定休日:
日曜・祝日・水曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ